忍者ブログ
ひで屋、5年10ヶ月後の平成27年8月末 閉店致しました、皆様 お世話に成りました。こちらのブログは暫く残しておきますので、御自分が写っている写真を取り込む等使ってくださればと思います
[311]  [310]  [309]  [307]  [306]  [305]  [302]  [297]  [295]  [294]  [293
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




本日、 8月15日






















































































 







































 

















 

















 






















































少年の 採用嘆願血書








































口筆 紺紙金泥 大石順教尼 般若心経


































尼、あまさん というと


皆さんは どなたの名前を 思い浮かべるであろうか






仙台を ” 第二の故郷 ” と語った 大石順教尼は


明治21年生まれ




11歳で 山村流 京舞いの 名取を許され


舞踏専一に修行、生活をしていた 順教さんは



若干 17歳 の時



俗に言う、「 堀江6人切り事件 」 の悲劇に遭遇





日本刀で 両腕を切り落とされたものの 一命をとり留めた 唯一の生存者







両腕を失い 踊りの道、将来への夢、希望が断たれたなか


来仙の折


滞在中の旅館で



カナリヤの親が、クチバシで 子に餌を与えている状景を見て 一念発起




口に筆をくわえ 文字を学び



出家得度後  80歳の天寿を全うするまで



京都山科 勧修寺境内に 身障者の相談所を設け



傷病兵の慰問活動、身体障害者福祉活動に一生を捧げる




仙台人には 是非 知っていて頂きたい人物であります




自著、「妻吉自叙伝ー堀江物語」、「 無手の法悦 」は


古書店等で 比較的容易に購入出来ますので 一読御薦め致します





















 

” くちに筆 とりて書けよと 教えたる  鳥こそわれの 師にてありけれ ”













順教尼は 時間が許せば 暫時 写経をし、希望者に無償で配っていた














 

元 臨済宗妙心寺派管長、花園大学学長 山田無文老師 箱書き識の一幅に 御縁是有


























 






息子の平和な夏休み


口筆 心経


順教尼の笑顔を 精霊に捧ぐ























PR
プロフィール
HN:
渡邊秀樹
性別:
非公開
自己紹介:
ひで屋 5年10ヶ月お世話になりました、2015年8月一杯を以って閉店いたしました。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(06/09)
(11/27)
(11/18)
(11/16)
(09/20)
(09/08)
(09/01)
(08/29)
(08/29)
(08/20)
(08/13)
(08/10)
(08/10)
(08/06)
(08/05)
(07/23)
(07/14)
(06/30)
(06/15)
(06/13)
(06/01)
(05/26)
(05/18)
(05/07)
(04/21)
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]